ネットワークビジネス成功法!サラリーマン向けインターネット副業術

定年後の仕事で高収入を!シニア起業で成功するヒミツを暴露

定年後仕事を続けるためにシニア起業する人が増えていると聞きます。

NKJ52_taketomishima2500-thumb-750x500-2727.jpg









定年後仕事としてシニア起業する場合、開業資金は平均で605万円だそうです。



退職金をつぎ込むということだろうと思うのですが、なかなか踏み切れないですよね。



定年の年齢は、60歳というのが一般的なのですが、サラリーマンが定年を迎える60代は、まだまだ元気です。



「アクティブシニア」という言葉があるくらいで、働く意欲も満々です。



そんな理由から、最近では、定年後も仕事を続ける人が多くなっていると聞きます。



また、定年後にも仕事を続ける理由の一つとして改定された「高年齢者雇用安定法」の影響も大きいようです。



この法律を簡単に説明すると、年金の支給開始年齢を引き上げる代わりに定年後も続けて働けるようにしますと言うことなんですね。



年金の支給開始年齢は、段階的に引き上げられて最終的には、65歳になることは、ご存知のとおりです。



『定年したら、年金で悠々自適の生活をするぞ!』なんて夢のまた夢ですね。



では、定年後も仕事をする場合、どんな働き方があるのでしょうか?



ちょっと調べて見たのですが、いくつかの選択肢があります。

・退職せずに、続けて正社員として働く

・一旦退職して、契約社員として再雇用契約をする

・退職後、他の会社に転職、再就職をする

・派遣社員として働く

・パート、嘱託、アルバイトとして働く

・農業を始める

・シルバー人材センターで働く

・シニア起業して、個人事業主になる

などなどです。



でも、どの選択肢を取ったとしても、定年後に働く場合、『収入ががっくり減る』可能性が高いことを覚悟しておく必要があります。



会社は、定年を機に、「待ってました!」とばかりに給料をどんと下げてくるんですから。



また、60歳以降もフルタイムで働く場合、65歳までは、給料と年金の合計額が月に28万円を超えると年金額が減額されるようになっています。



場合によっては、年金がもらえないことだってあります。



結局、定年後も働く場合は、どんなに頑張っても収入は、頭打ちになるような仕組みが作られているような気がします。



これじゃあ、収入を増やして豊かな老後を送ることなんて出来っこありませんよね。



でも、私の場合は、空き時間を利用して自宅でできる副業に目をつけたところ、インターネットで起業することに成功し、収入を増やす道を得られたのです。



投資額ゼロで安定収入が得られるインターネットシニア起業の裏ワザ


定年後に老後破産!キャッシュフローとは何かを知らないリスクの話し

定年後キャッシュフローってなに?

高尾山の紅葉.jpg 













定年後キャッシュフローとは、定年後のお金の流れのことを言います。


もっと簡単に言うと、何にどのくらいのお金が必要になるのかということです。



キャッシュフローとは、お金の入りと出を表します。



つまり、収入と支出のことなんですね。



若いうちは、バリバリ働けるので、遠い先の老後のことなんてあまり考えないし、考えようともしなかったと思います。


でも、定年を迎えて収入ががっくり下がる現実に直面すると、始めてお金の出入りのことがとても気になってきます。



あなたが、豊かな定年後の生活を楽しむ為に、蓄えと年金収入だけで足りるでしょうか?



調べによると、65歳以上の「おひとり高齢女子」の2人に1人、同じく65歳以上の「おひとり高齢男子」の3人に1人が、現役世代の半分以下の収入しかない『貧困』に陥っていると言います。



昨年、某テレビ局で、『老人漂流社会「老後破産」の現実』というスペシャル番組が放送されました。



この番組では、独り暮らしの高齢者が全国に600万人に迫る勢いで急増していることを伝えています。



また、その半数近く、およそ300万人の方々が生活保護水準以下の年金収入で暮らしているそうなのです。



その様な人たちの中には、出費を抑えるために、医療や介護といったサービスさえ切り詰めて暮らす人も少なくないとのことです。



そして、自分の貧しい暮らしを知られたくないと、周りに助けを求めずに孤立する高齢者も増えているんだそうです。



この孤立が原因で、支援の手が行き届きにくくなっている実態もあると言います。



いわば「老後破産」ともいえる厳しい現実を伝える放送でした。



定年後のキャッシュフローだなんて、何だか金融機関が使うような言葉で自分には縁がないと思っているあなた!



「老後破産」してもいいんですか?



では、「老後破産」のリスクを避けるために、どのような準備が必要なのでしょうか?



キャッシュフロー(お金の出入りの流れ)の視点から考えて見るとキャッシュ・イン・フロー(収入)とキャッシュ・アウト・フロー(支出)のバランスを工夫していくだけですから、実はいたって簡単なことなのです。



私の場合は、普通の会社員ですから給料としての収入を自分の力だけで増やすことは、難しいです。



かと言って、支出を抑えるために節約ばかりの生活も楽しくありませんよね。



そこで、仕事が休みの日に自宅でできる副業に目をつけたところ、インターネットで起業することに成功したのです。


老後破産を回避し、あなたの生活を豊かにする究極の裏ワザ!

定年後の理想のライフスタイル大調査!お金と時間を増やすコツとは

あなたは、定年後ライフスタイルについて考えていますか?

tinen.png 








定年がずっと先の事であれば、定年後ライフスタイルのことなんかあまり意識していないでしょうね。



でも、定年退職が目前に迫って来ると、定年後に何をして過ごそうかなとライフスタイルについて考えるようになるものです。



定年までは、家を持つためや、子供たちに十分な教育を受けさせるために、がむしゃらに仕事一筋に打ち込んで来られたあなた!



これからが、あなたの夢や希望を実現する時なんです。



第二の人生ともいえる定年後のライフスタイルをあなたは、どんなものにしたいですか?



何も考えないで、ただ周りの状況に流されるような日々を送りますか?



でも、そんな生活だと主体性を失って、定年後の大切な人生を損してしまいますよ!



あなたの人生の主導権を握るのはあなた自身なんですからね。



定年したからといって、老け込んでいたんじゃあだめですよ。



自分は、若いんだという気持ちで過ごすことが大切です。



若い気持ちを保つことは、「情熱」を保つことと密接に関係しているようです。



アメリカのパデュー大学のマーカス・H・スチャファー博士は、研究の結果、「若い気持ちを保つ人は老化が遅い」と言っています。



私たちは、楽しいことや好奇心を持って新しいことに取り組むような刺激に満ちた生活をすると、心を若く保つことができるんですね。



例え、年齢が80歳を過ぎていたとしても、「情熱」を持って生活している人は、若々しく見えるものなんです。



はつらつとして刺激のある定年後のライフスタイルを築くことで、あなたのこれからの人生を喜びのある充実したものにできますよ!



じゃあ、具体的に一体何をすればいいのということですが・・・



釣りや山登り、野鳥の観察やスポーツといった趣味を持つことでもいいんです。



もちろん、今までの仕事を続けて行く機会が得られるのであれば、それもいいと思います。



何か自分が打ち込めることを見つけておくことがたいせつなんです。



組織から離れて目的を持たずに生活する人は一挙に老け込むそうですよ!



あなたの取り組み次第で、これからの人生を今まで以上に豊かで充実した日々にすることができるんです。



必見!定年後の人生を豊かにしながら若さを維持する究極の奥義!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。