ネットワークビジネス成功法!サラリーマン向けインターネット副業術

副業禁止のサラリーマンが危険を犯す!?主婦にも人気の○○って何?

サラリーマンが会社に秘密で副業をするときに、会社にばれても、あまり問題にならないのが投資です。

NewImage65.png 









前にも、サラリーマンなのに副業で投資をして儲けている同僚のことを書きました。



その同僚は、儲ける投資方法を奥さんから教えてもらったのだそうです。



同僚は、「俺と嫁さんの仲は冷え切っている」なんて言ってるんですが、儲ける方法を教えてくれるなんて結構仲いいじゃんと思います。



おっと、ちょっと話が脱線してしまいました。このことは、ここだけの話にしといてくださいね。



さて、サラリーマンが一番やりたい副業にランクされたFXって知ってますか?



FXは、主婦にも人気があって、主婦でもしっかり稼いでいる人もいます!



FXとは、Foreign eXchangeの略で、通貨の為替相場が変動することを利用して儲ける投資です。



日本語で言うと、「外国為替証拠金取引」となります。



証拠金というのは、投資のための手持ち資金のことです。



FXでは、手持ち資金の最大25倍までの取引(レバレッジ)ができるんです。



例えば、わたしの手持ちの資金が10万円だとしたら、10万円×25倍=250万円となります。



このように、手持ちの資金が10万円しかなくても最大で250万円の取引が出来るということなんです。



レバレッジを使えば大きな取引ができて、ちょっとした為替の変動でも大きな利益を上げることができます。



FXはスキャルピングやデイトレに最も適しています。



デイトレ(デイトレード)とは、数分〜数時間の短い時間で、スキャルピングとは、数秒〜数分単位の短い時間で利益を稼ぐ方法のことをいいます。



どちらも、短い時間で頻繁に売買を繰り返すことによって、リスクを分散させることができるので、比較的損をしにくい取引方法として注目されています。



数秒から数分単位で取引をするトレーダー(投資家)が多いのもFXの特徴です。



投資は、利益が出る場合ばかりではないので、損をしそうな場合は、早く取引を終わらせて損失額が大きくならないようにすることです。



FXは、株式投資よりも価格変動が大きいので、リスク管理が難しいです。



リスク管理を失敗すると大損に繋がりますから要注意ですよ!



でも、うまく取引ができれば大きな利益を得やすい投資です。



24時間取引が可能で、主に為替レートが大きく動くのが夜間ですので、サラリーマンにとっては、副業として取り組みやすい条件が整っていると言えます。



しかし、おいしい部分ばかりが強調されがちなのがFXです。



本当に儲かっているのは、ごく一部の人との話もありますから、サラリーマンのあなたが、副業として始めるのであれば、損を覚悟で取り組んでくださいね。



危険を冒してガッツリ儲けたいあなた!これは絶対見ないで!!


サラリーマンの副業時代到来!赤字に苦しむ男の悲しき告白とは?

わたしは、普通のサラリーマンなのですが、わたしの勤めている会社に副業で投資をやって儲けている同僚がいます。

NKJ52_taketomishima2500-thumb-750x500-2727.jpg 









サラリーマンなのに副業やって儲けている人って意外といるんですよ!



景気が低迷している関係で正社員でも、なかなか給料が増えなくなっています。



その上、物価の上昇や医療費負担の増額などで、家計は踏んだり蹴ったり、生活は、厳しくなる一方です。



アベノミクスって生活が苦しくなるってことなの?!「何とかしてくれ〜!」って感じですね。



そのせいで、サラリーマンの副業が増えいるんじゃないかなって思っています。



かく言うわたしも、サラリーマンしながら、インターネット起業に成功して秘密の副業やってます!!



サラリーマンが副業する場合、問題になるのが、「じゃあいつするの?」っていう時間的なことじゃないでしょうか?



当たり前なんですが、日中は、ずっと仕事をしているわけですから、副業ができるのは、仕事を終えた後や休みの日ということになります。



また、毎日カッチリ決まった時間に仕事が終わるわけではありませんよね。



定時間までに仕事が終わらないときは、残業をして終わらさなくっちゃならないときだってあります。



だから、自由な時間で出来るような仕事じゃないと、できませんよね。



また、何でもいいわけではなく、自分に合った仕事が必要だと思います。



そのため、自分ができる、そしてやりやすい仕事を選ぶことがポイントです。



いずれにしても、漠然とした思いだけではどんな仕事もうまく行かないし、長続きもしません。



始める前によ〜く調べて、しっかりした思いを持って始めてくださいね。



副業を始めたいあなた!私が起業できた秘密こっそり教えちゃいます!

サラリーマンの秘密の副業、在宅の仕事が会社にバレる盲点があった!

先日、サラリーマンのわたしが、在宅で副業していることを知っている友人が、「そんなことやってて会社にばれないのか?」って聞いてきました。

NKJ52_taketomishima2500-thumb-750x500-2727.jpg









わたしは、「だいじょうぶだよ!」と笑って答えました。



でも、副業をしようとしているサラリーマンのあなた!



あなたは、自分の勤めている会社の就業規則を確認しましたか?



普通の会社で副業を公に認めているところはまず、ないと思います。



他の仕事に従事することで今やっている業務に支障をきたすというのが主な理由です。



会社としては、社員が他のことに心を奪われて仕事に身が入らなかったり、場合によっては、退職に繋がる可能性もある訳ですから、当然と言えば、当然なことだと思います。



だから、サラリーマンが副業を始める場合は、会社に内緒で始める必要があるんですよ!



要は、会社にバレないように上手にやるっていうことです。



ところで、給料以外の収入が年間20万円を超えると税金がかかるってことを知ってましたか?



そのくらいの収入は、分からないだろうと甘く見るのは、禁物です!



年間20万円を超える収入を隠していてそれがバレた場合、追徴課税を食らってとんでもないことになります。



給料以外の収入が増えた分、住民税の増額が発生しますので、この住民税の増加が最も会社にバレる要因なんです。



会社にバレる盲点がここにあったんです!



でも、この問題をクリアできれば、サラリーマンでも安心して副業ができますよ。



ふつうは会社の給料から住民税が天引きされます。



これを「特別徴収」と言うそうです。



税金は、会社が給料の中から支払っているので、あなたの住民税がいくらなのかを会社は知っています。



アルバイトなどで副収入があった場合も、その収入分の住民税は、勤めている会社でまとめて天引きされることになります。



社員が他の仕事をしていることを会社が知るただ一つの方法は、住民税の金額によってなんですね。



春頃になると、役所にはあなたの副業先からの「支払い報告書」と本業の会社からの源泉徴収票が届きます。



これを合計した額で住民税が計算されるしくみです。



会社には、本年度の住民税額が通知され、会社は、その額を毎月給料から天引きします。



ここに「副収入分」も含まれているわけですから、「ん?なんか額がおかしくない?」となるんですね。



住民税通知書の総収入額が会社が出した源泉徴収票の金額と合わないからです。



他の社員と給料がほとんど変わらないのに、一人だけ住民税が多ければ、明らかにおかしいということになりますよね。



この問題を回避するには、少し骨を折る必要があります。



増額分の住民税を別途自分で納付するという方法があるんです。



この、自分で住民税を納付する方法を「普通徴収」と言うそうです。



まず、自分の住んでいる市町村の役所の住民税担当者に連絡をして、「副収入分のみ自分で納付できますか?」と確認してください。



役所の体制としてそれが出来なければ、会社にバレることになります。



普通徴収が可能であれば、役所の住民税担当者に電話して、副収入分の住民税は自分で納付したいということを連絡します。



「普通徴収」についての納付手順等で分からないことがあれは、しっかり担当者に相談して確認してくださいね。



サラリーマンのあなた!副業を秘密にしたいなら、納税対策はちゃんとしないとダメですよ!



副業を始めたいあなた!私が起業できた秘密こっそり教えちゃいます!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。