ネットワークビジネス成功法!サラリーマン向けインターネット副業術

定年後の生活スケジュール管理で人生が激変?驚きの効果!

あなたは、定年後生活スケジュールをどのようにしたいと思っていますか?

NKJ52_taketomishima2500-thumb-750x500-2727.jpg









「う〜ん、定年後生活スケジュールね〜・・・」



「今まで、朝早くから夜遅くまで頑張ってきたから、しっかり、寝坊したいってことくらいかな〜」



朝、早起きして会社に出勤し、仕事を終えて、夜には帰宅する。



これは、現役で仕事をしている人には、当たり前の生活パターンですが・・・



定年を迎えるとこの生活パターンは一変します。



会社に行く必要がなくなるのですから、丸1日が、あなたが自由に使うことのできる時間です。



定年する前は、定年したら、あれもしたいこれもしたいと思っていても、いざ定年してたっぷり時間があたえられると、かえって時間を持て余してしまいます。



何十年も、仕事一筋に生きてきたんだから、仕事が体に染みついているんですね。



だから、漠然と定年を迎えてしまうと、ただ時間を持て余すだけでなく、なにかぼんやり過ごしてしまって、認知症が早まったり、うつになったりということも、考えられますよ。



しかし、しっかりスケジュールを立てておくと、メリハリのある生活を楽しむことができるようになります。



定年後の生活スケジュール作りで大切なポイントは、家族の時間と自分の時間をしっかり区別することです。



また、朝起きる時間を一定に保つならば、計画が立てやすくなりますよ!



定年後の生活スケジュールのサンプル


人によって、生活のパターンは異なると思いますが、ある方の1日を紹介します。



朝5時に起床し、ウォーキングを1時間行います。



その後、自宅で新聞にじっくり目を通し、7時に朝食を取ります。



1時間かけて、ゆっくり食事をした後は、午前中に趣味のための時間を過ごします。



例えば、音楽や語学などの講座に通うといった感じです。



午後も、趣味や自分のために時間を使いますが、家庭菜園や園芸などの自然に触れる趣味を行います。



夕方5時には、妻と一緒に夕食を作って家族で一緒に食事をし、夜9時には就寝します。



ご紹介したこのサンプルの場合、自分のために過ごす時間と家族と一緒に過ごす時間を上手に振り分けていることがわかりますね。



1日中、家で何もせずゴロゴロしているのではなく、アクティブに生活することで、充実した時間を過ごしていることも、うかがえますよね。



このようなスケジュールを立てておけば、家族との関係も良好に保つことができます。



あなたも、定年後にこのような理想的な生活を送りたくありませんか?



そのためには、やっぱり、しっかりした収入の基盤も必要ですよ!



定年後も充実した時間が欲しい!そんな私が決断した驚きの選択肢とは?



定年後の住まい確保は必要!持ち家なしで暮らすには・・・

あなたは、定年後住まいを、確保していますか?

NewImage65.png









定年後住まいとは、生活の基盤となる家の事です。



定年後、年金で生活を維持していかなければならない状態になると、住まい(持ち家)のない人は、受給する年金の種類によっては、生計を維持して行くのがとても難しくなる場合があります。



厚生年金であれば、ある程度の手厚い給付を得られますので、多少生活費を切り詰めることで、アパートやマンションでの生活も可能ですが、国民年金となると、そうは行きません。



国民年金の場合、給付額は、満額で一人あたり65,000円前後ですから、夫婦ふたりの世帯では、ふたり分を合わせても、13万円程度の収入です。



住まい(持ち家)なしの人の場合、他に収入がなければ、生活を維持するのは、とても難しいのが現状です。



公営住宅への入居を考える


定年後に住まい(持ち家)なしの生活を送るときに助けになるのが、公営住宅への入居です。



都道府県や市町村が運営する公営住宅は収入が少ない人のために用意している住居で、国民年金受給者であれば、ほとんどの場合、入居資格を満たします。



家賃も民間に比べて格段に安く、出費を抑えることが可能になります。



また、収入に応じて家賃を減額する制度を設けているケースもあって、低所得者を守る政策が取られています。



公営住宅を利用するなら、持ち家がなくても生活を維持することができそうです。



早くから、備えを始める


若いうちは、定年後の生活は、現実とはかけ離れていると感じ、そのときを想像することはそうないかもしれませんが、人は生きている以上、必ず年老いていくものです。



若いうちに将来に対する備えやビジョンを持つことは、大切なことです。



公営住宅への入居を希望しても、市町村よって様々な条件があります。



順番待ちがあるため、申し込み回数によって優先順位が決まったり、



抽選だったりしますので、早めに入居の計画を立てておくことが大切ですね!



でも、老後の生活を本当の意味で豊かにしたいという希望があるなら、しっかりした収入の基盤も確保しておく必要がありますよ!



定年後に収入が激減!・・・そんな私が決断した驚きの選択肢とは?

定年後の生活に落とし穴が「リタイヤ貧乏」に気をつけて!

定年後の生活を始める時に、気をつけなければならない落とし穴があります。

札束jpg.jpg







その落とし穴は、定年後生活が始まるときに、大金をつかむことが原因で、生まれるのです。



「大金をつかむ?」


そうです! その大金の正体とは、

1.退職金

2.定年に伴う社内預金の返却

3.持株会脱退に伴う、株の個人所有

といったものが考えられます。



この定年後に、今まで持ったことのない大金を掴んだ生活をすることが、落とし穴を作ってしまうんです。



「退職金は、ご褒美のようなものなのに、それがなぜ、落とし穴になるの?」



これを象徴するような記事が、ある経済新聞に掲載されているのでご紹介します。



老後のぜいたく程々に リタイア貧乏が待っている


この記事は、定年後のあるサラリーマンの生活に起きた実話です。



定年までの貯蓄は、子供の教育費等の出費のせいで、やっと700万円ほど。



退職金2000万円強を受領、その時点で、住宅ローンの残金800万円完済。



老後生活を始めるにあたっての手元資金は、1900万円だった。



退職後、年金が満額支給されるまでの5年間、月収10万円のアルバイトで生活を支えた。



止まらない浪費生活


一方で、今まで仕事も子育ても頑張ってきた「ごほうび」に旅行に行ったり、いい食べ物にこだわったり、友達付き合いに力を入れたり・・・



そんなぜいたくを満喫しているうちに支出は膨らみ、老夫婦二人の生活費は、月30万円近くになっていた。



アルバイト収入では20万円も足りないため、手元資金から、年間240万円を支出、



ほかにも税金や健康保険料などがあり、5年で1300万円も使ってしまい、残ったのは600万円ほどでした。



ようやく65歳から支給が始まった年金は、月額にして20万円弱。



しかし、これまでのペースで働き続けることはできない上、浪費生活も止まらず、結局、月10万円ほどを老後資金に頼る生活でした。



この生活をつづけたら、年間120万円の持ち出しとなり、5年で蓄えは、ゼロになってしまうのです。



あなたは、この話を読まれてどのように思われましたか?



「バカだな〜、もっと早く生活を変えれば、よかったのに!」と思いますか?



あなたは、大丈夫ですか?



人間は、いちど身についてしまった贅沢な生活を簡単に変えることができないものなんです。



これが、落とし穴の正体です!



定年後の生活を豊かにしたいのであれば、しっかりした収入源を確保するしかありませんね。



私は、定年後の生活を豊かにするためにある方法を選択しました。



そんな私の選択肢をご紹介します。



定年後に収入が激減!・・・そんな私が決断した驚きの選択肢とは?

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。