ネットワークビジネス成功法!サラリーマン向けインターネット副業術

サラリーマンは、副業をしたほうがいい?その驚きの理由!

なたは、サラリーマン副業に興味がありますか?

prairie.jpg










今や、サラリーマン副業は、必須のものとなりつつあります。



そんな状況の中、私は、サラリーマンの皆さんに副業の勧めをしたいと思っています。



なぜ、私が皆さんに副業をお勧めしたいと思っているのか・・・



その理由について、お伝えしたいと思います。



2013年に国税庁が発表した「民間給与実態統計調査」の情報をみると、



民間企業で働く方々の平均年収の推移は、2009年から急激に減っていることが分かります。



これは、明らかに2008年に起こったリーマン・ショックの影響です。



その後、ほんの少し回復したようにも見受けられますが・・・



2008年以前の平均年収の430万円以上にもどる気配はありません。



では、年収が減ったので、それに伴って支出は減っているのでしょうか?



おっとどっこい、年収が減っているのに支出の平均は増加傾向なんです。



何が支出を押し上げているのでしょうか?



2大支出の一つは、「子どもの教育費」


子どもを大学まで行かせるのは当たり前だとか、親の介護をするのは、子どもの役割だという社会的な常識の中で、



サラリーマン家庭の家計の負担が年々増加の傾向にあります。



あなたのご家庭は、大丈夫ですか?



我が家なんか、6人子供がいて、2人の大学生と1人の専門学校生、1人の中3受験生がいて、そりゃあもう教育費の負担に悲鳴を上げています。



「だれか、たすけてくれ〜!」って感じです。(笑)



「子どもの教育費」の具体的な支出額は、子ども1人を大学卒業まで行かせたとしていくら必要なのでしょうか?



幼稚園から大学卒業まで、すべて国公立に行った場合で、約1,020万円



幼稚園から大学卒業まで、すべて私立に行った場合は、約2,500万円の教育費がかかると言われています。



「ひえ〜っ!そんなにかかるの?」っていう悲鳴が聞こえて来そうですが・・・



これは、とても大きな金額ですよね。



でも、この費用の中には、生活費や食費などは含まれていないんです。



状況によって費用が大きく異なって来ますが、一般的に22歳までの学費以外の生活費等は、約1,000万円〜1,500万円必要と言われています。



この金額が学費に上乗せされるのです。これらの費用をすべて合計すると、



すべて国公立の学校に行った場合は、幼稚園から大学までの学費の合計が、約1,020万円



生活費、食費、おこづかい等の合計が、約1,000万円〜1,500万円



合計で、約2,020万円〜約2,520万円となります。



すべて私立の学校に行った場合は、幼稚園から大学までの学費の合計が、約2,500万円



生活費、食費、おこづかい等の合計が、約1,000万円〜1,500万円



合計で、約3,500万円〜約4,000万円にもなります。



はっきり言って、気が遠くなるくらい大きな金額です。



一般的に、サラリーマン男性の生涯年収は、2億〜2億5千万円と言われているので、



最低でも年収の1割程度は、子ども1人のために使われている計算になります。



これじゃあ、少子化に歯止めがかからないのは、無理もないと思います。



2大支出のもう一つは、「親の介護費用」


支出を増やしているもう一つの原因は、両親の介護にかかる費用です。



介護にかかる費用は、在宅介護の場合で、月平均7万円程度と言われています。



施設介護の場合は、かかる費用にかなり幅があり、特別養護老人ホームに入所できれば、月5万円〜10万円程度で済みますが、



入所申し込みの倍率が高く、入所するのはかなり厳しい状況です。



さらに、常駐のスタッフサービス付きの高齢者向け住宅は、月額10万円〜25万円です。



あなたは、すでに介護を経験された知人から、「親の介護には、お金かかる!」と聞いたことはないでしょうか?


ご両親がまだ、お元気であれば、実感がわかないかも知れませんが、その時になってから慌てることがないように、介護費用の概算を把握しておくことは賢明なことだと思います。



もし、在宅介護で月に7万円がかかるとしたら、あなたの家計は、今の給料から7万円を天引きされても、大丈夫ですか?



給料は一向に上がらないけど、支出ばかりが増える状況では、今の給料だけでは、とてもやっていけません。



そんな状況の中、あなたのお小遣いは、どんどん減額されているのでは?



そうなったら、自分の楽しみを控えてストレスを発散する機会も減って、何のために働いているのか、わからなくなってしまいます。



だから、サラリーマンが副業を考えるのは、必然的なことではないでしょうか?



経済的な安定を得るために、私も副業をしています。



私のしている副業についてお教えします!



副業で一円も稼げなかった私が最後にたどりついたネットビジネス成功法



あなたの老後の資金は大丈夫?貯金が目減りする驚きの実態

あなたは、老後資金って準備してますか、そしてそれは十分ですか?

PPC_1manensatu4mai500.jpg









「ん、老後資金?貯金はしてるけど、十分かって聞かれたら、すぐには分からないね〜」



老後の資金について訊ねられて、大丈夫と即答できる人は、あまりいないのではないでしょうか?



即座に大丈夫と答えられない理由は、老後に必要な生活費がどのくらいで、年金などからの収入がいくらになるのかをしっかり、把握していないからです。



老後の蓄えについて、60歳までに準備しておくべきお金は、だいたい3,000万円位必要と言われていますが、ほんとうでしょうか?



長生きが老後の資金の計算を狂わせる?


最近、医療技術のめざましい進歩のおかげで、とても長生きになって来ました。



日本は、世界のどの国も経験したことのない長寿国になったと言われています。



長生きすること自体は、とても喜ぶべきことなのですが、生活費の面から考えると、リスクになってしまうことが考えられます。



それは、自分が何歳まで生きられるのかは、誰にも分からないので、自分の寿命を短く考えてしまうと、計算が狂って、生活費が足りなくなってしまうのです。



ですから、60歳からの生活費は、余裕(90歳位まで)を見て、計算することをお勧めします。



老後の生活に対する、漠然とした不安を払拭するためには、年金がいくらもらえるのかに加えて、貯金の活用を考えておくことが重要です。



貯金は正しく運用しないと目減りする?


貯金は、ただ、単純に銀行に預けているだけでは、金利が、ほとんど付かないだけでなく、インフレになると、実質、貯金が目減りすることになります。



せめて、目減りさせないようにするには、貯金を運用するしかありません。



でも、老後の資金として、大切な貯金を資産運用だからと言っていきなり、株などに全て投資すると、



目減りの危険性が非常に高くなり、場合によっては、半分以下に減ってしまうこともあるのです。



資産の運用方法は、株以外にもいろいろあります。



海外投資などは、為替リスクはありますが、高利率で確実なものがあります。



最近では、海外投資について詳しく説明している本もあります。



でも、一番いいのは、有料の海外投資のセミナーなどで、勉強することです。



老後の生活に不安を持たないためにも、資産運用について、しっかり勉強してはいかがでしょうか?



「そんなこと言われても、運用するほどの貯金を持っていない場合は、どうすればいいんだよ!」という方もおられると思います。



私の場合は、結婚が遅かった上に子供を6人も設けましたので、貯金をするどころの騒ぎではありませんでした・・・



そんな私は、老後の生活資金を得るためにある選択をしたのです。



私の選んだ方法についてお教えします!



老後の生活に不安がいっぱい!そんな私が決断した驚きの選択肢とは?

「老後貧乏」他人事じゃない!驚きの実態に迫り来る恐怖

老後貧乏」について、最近ニュース等でも取り上げられることが増えています。

お金とコンパス.jpg







この「老後貧乏」は、気をつけないと、老後に大きな影を落とします。



今の子育て世代が高齢期を迎える頃には、年金受給額の水準が下がると予想されているので、



子育てしているお母さん方も、漠然とした不安を抱えているのではないかと思います。



理解しておいて欲しい実態は次のような内容です。



さらに厳しさが増す老後の家計


これからの時代「老後貧乏」は、どんどん増え続けると予測されます。



原因は、年金等の社会システムの問題もあるのですが、晩婚化というライフスタイルの変化にも関係があるようです。



老齢厚生年金の支給開始年齢が段階的に65歳までに引き上げられていることをご存じの方は多いと思います。



そのような状態があるにも関わらず、多くの企業では60歳でいったん定年退職をさせられ、60歳以降は『継続雇用』となって収入は、バックリ下がってしまいます。



また、晩婚化に伴って出産年齢が高齢化してきており、定年時点でも教育費の負担が続いて家計を圧迫するケースも増えているのです。



また、子どもが就職せず大学院に進学したり、苦労して大学まで行かせてもフリーターやニートになってしまい、家計の負担は、いつまでも減らない状況も多く見られます。



そうなると、蓄えの余裕もなく老後貧乏に向けて一直線です。



もはや「老後資金」を準備するどころの話しではなくなってしまいます。



こうなってしまうと、背に腹は代えられず、定年後も低賃金でも働き続けるか、



少ない年金を切り詰め、爪に火をともすような生活を強いられてしまうのです。



頼みの年金も2割減、受給開始時期の引き上げも


さらに、年金も、これからはかなり目減りしていくと予測されています。



今の若い世代が年金受給者になる頃には、年金の受給額が2割削減されるといわれています。



また、現在は65歳から満額で支給される受給開始時期も、段階的に68歳〜70歳くらいまで後ろ倒しになっていくことが予想されます。



一昔前までは、年金と会社の退職金だけで悠悠自適だったのですが・・・



今後、そのような生活は、夢のまた夢なのです。



考えれば、考えるほど厳しい時代です。



子どもの独立後から定年までの間が勝負?


そんな逆風のなかで、一般のサラリーマン家庭が老後資金を確保するためには、教育費がかからなくなる子どもの独立後から定年までの間が勝負の時です。



これまで、サラリーマンは、年功序列で収入が増えてきたため、教育費を負担しながら老後の資金も貯めることができました。



しかし、これからは家計をよほど工夫していかないと、老後に貧しい生活が待っている時代なのです。



「そんなこと言われても現実はなかなか厳しいんだよ!」という声が聞こえてきそうですが・・・



あなたは、何もせず、ただ手をこまねいて「老後貧乏」を待つのでしょうか?



「そんなことはわかっているよ、いつかちゃんとやろうと思っているんだ!」



そんなあなたに、ハッキリ言います!いつかやるは、きっとやらないに通じます。



何とかするつもりがあるなら、今日決断して行動に移すべきです。そうすれば、あなたの将来が変わり始めます。



それでも、あなたは、手をこまねいて無為に時間を過ごし続けるのですか?



ちょっとまってください!


「老後貧乏」に歯止めを掛ける秘策があります!!


「老後貧乏」を避けたい!そんな私が決断した方法を教えます。
↑↑↑今すぐ続きをクリックして確認↑↑↑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。