ネットワークビジネス成功法!サラリーマン向けインターネット副業術

サラリーマンがMLMを副業にするなら、外資系がいい!

被害者ゼロ!成功の鍵を握るネットワークビジネスがここにある!


サラリーマンMLM(ネットワークビジネス)を副業にする場合、どの会社を選ぶかがひとつのポイントとなります。

prairie.jpg










私は、サラリーマンMLM副業にする場合、外資系の会社を選ぶことをお勧めしています。



実際に調べてみると、1,000社を超える会社があると言われていますので、どこを選ぶかは悩むところだと思います。



MLMを副業にするにはつぶれない会社を選ぶこと!


サラリーマンがMLMを副業として行う上での重要な注意点は、歴史のあるつぶれない会社を選ぶということです。



当たり前のことのようですが、海外のシンクタンクの調査による情報によると、新規立上げのMLMの会社が、1年以内につぶれる確立は90%で、



5年以上生き残れる会社は、なんと全体の0.1%未満であると発表しているんです。



それだけ、この業界は、入れ替わりの激しいところなのです。



統計的に見ると、日本国内のネットワークビジネス売上高上位は外資系が占めています。



また、大半の人が、外資系のネットワークビジネスを選んでいます。



社歴や売上高をみると、どうしても外資系が有利なんですね。



しかし、だからといって、国内の会社がダメというわけではありません。



最近では、日本国内のネットワークビジネス会社が逆にアメリカに進出したりもしています。



どんな会社を選ぶとしても、最初の立ち上げの時はリスクが伴うものです。



これは外資系であろうが国内の会社であろうが関係ありません。



MLM会社の社歴と売上高がポイント


ですから会社を選ぶポイントは、国内外に関わらず、5年以上続いていること、そして、最低でも50億円以上の売上があるということが、



今後も生き残ることのできる会社かどうかを見極める基準と言えますね。



MLMの会社を選ぶ最初のステップは、製品でもビジネスプランでもありません。



こう言うと「ええっ!」という声が聞こえそうですが、ネットワークビジネスを選ぶ最初のステップは、営業年数と売上実績を見ることです。



そして、その次に、製品やビジネスプランを見て検討して下さい。



ここで、誤解して欲しくないのは、会社の営業年数と売上実績が全てと言っているわけではなく、その上で製品やビジネスプランがどうかもしっかり確認する必要があるということです。



サラリーマンが副業にするのに、国内のネットワークビジネス会社が良いのか、或いは、外資系のネットワークビジネス会社が良いのかについて迷っているあなた!



上記のポイントを押さえておけさえすれば、後は、あなたの好みの問題ですから、どちらを選んでも大丈夫です。



大切な事は、そのネットワークビジネスを主宰する会社の情報で、くれぐれも「新規立上げ!」とか、「日本上陸直前!」と言った言葉に惑わされないでくださいね。



私のお勧めするネットワークビジネスは、これまで述べてきた条件を全てクリアーしており、サラリーマンでも無理なく副業に取り込むことができます。



このビジネスについて、もっと詳しく知っていてだくために無料のメールセミナーを準備しています。



少しでも興味をお感じになるのであれば、まず、自分の目で確かめてみてください。



インターネットを活用したサラリーマンの副業の秘密!




収入のタイプでMLMを選ぶ!サラリーマンの副業

被害者ゼロ!成功の鍵を握るネットワークビジネスがここにある!

サラリーマン副業としてMLM(ネットワークビジネス)をする場合、どのくらい稼げるのかって気になるところですよね。
e0157647_7183518.jpg













サラリーマン副業としてMLMを選ぶ場合、最初から大きく稼げるものと最初はあまり大きく稼げないものでは、どちらのタイプを選びますか?



私は、最初から大きく稼げなくても、長く続けられるタイプをお勧めします。



MLMで最初から大きく稼げる裏の理由?


サラリーマンが副業としてMLMをする場合、普通は、誰もが始めから大きく稼げるほうがいいと思うに決まっていますよね。



でも、「稼げますよ!」と言った美味しい話には必ず裏があります。



なぜ最初から、大きく稼げるのかということについて、少し考えれば分ることなのですが、MLMを始めた当初は、ダウンの数は少なくて当然です。



つまり、自分から始まる流通のための組織ができていないわけです。



MLMは、商品の流通を通して収入を得るビジネスですから、すぐに儲かるということは、「誰かにまとめて販売する」ということになります。



例えば、知人を紹介して、「100万円のローンを組ませてまとめ買いさせる」と、当然、自分の得る利益は大きいのですが、それを買わされた人はどうでしょうか?



MLMが被害者を生むといわれる理由


最初から大きく稼げる裏の理由とは、「1人あたりの購入金額が大きい」ということです。



売上が収入につながるのですから、当然のことですね。



つまり、ダウンがいない状態からでも大きな売上を作れる理由は、まとめ買いなのです。



まとめ買いができるなら、ダウン数が少ない初期からでも大きな売上を作ることができます。



大きな売上を作れば、1件成約でもかなりの収入になります。



収入の額としては確かに魅力的ですが、その後が続くでしょうか?



結論を言うと、まとめ買いを毎月続けることは無理です。まとめ買いは1度したら、それ以上できません。



と言うことは、ビジネスを続けるためには、まとめ買いをしてくれる新しい顧客を常に探し続けなければならないということになります。



また、友人や知人に伝えている場合、ほとんどと言っていいほど、人間関係に問題が生じます。



何故なら、売れる当てもないのに初めから過剰に在庫を抱えさせられてしまうからです。



自分が納得をして取り組んだとしても、過剰に在庫を抱えるやり方を続ける限り、これが被害と言われてしまうのはやむを得ないことではないでしょうか?

ソフトドリンク1.jpg







在庫を持たないMLM


収入は、一時的に大きく稼げるものより、長く続き、権利収入になるものほうがいいのです。



しかも、月々の負担が少ないことが理想的です。なぜなら無理がないからです。



もし、サラリーマンのあなたがこれから副業としてMLMをやってみようかなと思っている初心者の方なら無理がないと感じることが大切です。



自分自身が無理がないと感じるなら、勧められた方も無理がないと感じるでしょう。



つまり、それだけ人を集めやすいプランだとも言えるのです。



最初は収入が少なくても長期的に見て、稼いでいける収入のタイプのほうが、初心者の方には向いています。



ネットワークビジネスは、人間関係の上で成り立っていくビジネスです。焦らず、じっくり取組むという姿勢が大切なのです。



私のお勧めするネットワークビジネスは、購買型のビジネスですから、在庫を持つ必要がありません。



しかも、インターネットを使いますので、口コミの活動をしなくても集客ができます。



このビジネスについて、もっと詳しく知っていてだくために無料のメールセミナーを準備しています。



少しでも興味をお感じになるのであれば、まず、自分の目で確かめてみてください。



インターネットを活用したサラリーマンの副業の秘密!


MLMを副業にするサラリーマンが避けるべきリスクとは

被害者ゼロ!成功の鍵を握るネットワークビジネスがここにある!


私は、サラリーマン副業の勧めをしており、特に、MLM(ネットワークビジネス)をおススメしているのですが、いくつかの避けるべきリスクがあります。

tinen.png









このリスクをしっかり把握した上で始めないと、サラリーマンMLM副業として続けることはむつかしと思います。



そのうちの一つは、MLMで大きく稼いでいる人はたくさんいて夢を抱かせてくれるのですが、その人たちを見て最初から「月に200万円稼ぐ」とか「年収2,000万円」といった高すぎる目標をもつことです。



早期に脱サラをしてMLMに専念するのなら、それでもよいと思いますが、目標と現実とのギャップがモチベーションを下げるリスクになります。



多くの場合は、今の仕事を続けながら副業としての取り組みから始めると思います。



サラリーマンの多くは、朝早く家を出て、夜遅く帰ってくる忙しい毎日を過ごしています。



表向きは、週休二日でも、実質休みは「日曜日」だけという人も多いのではないでしょうか?



そのような限られた時間の中で副業としてMLMに取り組むのなら、商材を小売する(販売型)より、商材の購入を斡旋(あっせん)する(購買型)の方がよいと思います。



特に、商材を買い込んで、それらを販売していくのは、サラリーマンにはリスクが大きいかも知れません。



MLMの商材の流通には、2つの形態がある


先に述べたようにMLMで扱う商材の流通には2つの形態があります。



1つは、小売りのある販売型で2つ目は、小売りのない購買型です。



日本のネットワークビジネスの大半は、小売りのある販売型が主流と言われています。



販売型の場合は、小売りをしますので、仕入れがあり、販売のために在庫を持つ必要もあります。



仕事が忙しくスキマ時間にしか副業に取り組めないサラリーマンには、在庫を持つ販売型は、在庫の抱え込みというリスクになってしまう可能性が大です。

ソフトドリンク1.jpg







販売型ネットワークビジネスのリスク?


需要と供給の関係で、少量より大量に購入した方が安くなるのが一般的です。



毎日の生活で使う日常の消耗品なら、まとめ買いもある意味で経済的な方法です。



でも、ビジネスとして考えると、ここに誘惑が潜んでいます。



販売型ネットワークビジネスでは、ほとんどの場合、大量に購入すれば、価格が半額になります。



このため、「どうせビジネスをするんだから最初に安い値段で買えば、その分儲けが大きくなる」と、まだ売れる当てもないのに、初めから大量の在庫を抱えてしまいがちなのです。



しかし、いくら仕入れが安くても、売れない在庫には価値は生まれません。



結局、抱え込んでしまった在庫は、自分で消費するか、購入資金を少しでも回収しようとインターネット上で叩き売りすることになってしまうのがオチなのです。



このように、販売型ネットワークビジネスの場合は、大量な在庫を持ってしまいがちになるリスクがありますので、サラリーマンは、避けた方が良いのではないでしょうか?



これに対して、仕入れのない購買型ネットワークビジネスは、自分が消費する分だけを毎月購入します。



そして、活動としては、その製品やビジネスを紹介するだけです。



仕入れがないので、在庫を持つ必要は全くありません。



副業としてネットワークビジネスに取り組む人は、以上の点を注意深く考えてどの形態を選ぶかしっかり考えることをお勧めします!



私のお勧めするネットワークビジネスは、購買型のビジネスで、しかも、インターネットを使いますので、口コミの活動をしなくても集客ができます。



このビジネスについて、もっと詳しく知っていてだくために無料のメールセミナーを準備しています。



少しでも興味をお感じになるのであれば、まず、自分の目で確かめてみてください。



インターネットを活用したサラリーマンの副業の秘密!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。