ネットワークビジネス成功法!サラリーマン向けインターネット副業術

アムウェイのプロテイン、効果的な飲み方にこだわれ!

被害者ゼロ!成功の鍵を握るネットワークビジネスがここにある!

アムウェイは、プロティンにこだわりを持っていますが、効果的な飲み方についてもこだわる必要があります。

アムウェイ プロティン.png







プロティンは、飲む目的によってタイミングが違う


アムウェイに限りませんが、プロティン(タンパク質)の効果的な飲み方には、飲む目的によってタイミングが違っているのです。



@体内時計をリセットするため      ・・・起床後


A筋肉強化をするため          ・・・運動直後
運動後の疲労回復にも期待できます。


B子どもの成長やアンチエイジングのため ・・・夕方以降
就寝中に成長ホルモンの分泌が促進されて、筋肉や骨、皮膚コラーゲンの材料になります。



タンパク質の消化吸収には、2時間くらいの時間が必要と言われています。



アムウェイのニュートリプロティンは、100%植物由来


アムウェイの以前のニュートリプロティンの成分は、乳製品由来のタンパク質を含んでいたため、乳糖不耐症(乳糖をうまく処理できない体質)の人は、腹痛や下痢を起こすことがありました。



しかし、100%植物由来の成分になってから、不人気だった粉っぽさが消えて味にコクがあるので、豆乳を飲める人でしたら、水に溶かすだけで美味しく飲めるようになりました。



それと、もっと嬉しいのは、女性ホルモンと似た働きをする成分(イソフラボン)が、1.5倍になっていることです。



大豆イソフラボンの働きには、更年期障害の緩和、骨粗鬆症の予防、循環器系疾患の予防(心筋梗塞など)、美肌効果などが期待されます。



人間のタンパク質の必要量は、体重1kgに対し1gです。例えば、50kgの人は50g、60kgの人は60gの量ということになります。



ビタミンやミネラルの必要量は、mgかそれ以下の単位でとても微量ですが、タンパク質の場合は、g単位と量が多くなっています。



食物に含まれる植物性タンパク質の量は、豆腐1丁あたり、約19.8g、納豆1パック50gあたり約7〜8gです。



動物性タンパク質に偏りがちな現代人におすすめしたいのが、アミノ酸バランス(アミノ酸スコア=100)の良いアムウェイのニュートリプロティンです。



一日のからだを構成する「プロティン」は、20種類のアミノ酸からできている


一日のからだを構成する「プロティン(タンパク質)」は、20種類のアミノ酸からできています。



20種類のアミノ酸は、体内ですべて揃っていることが重要ですが、そのうち、9種類は体内で作れないため、食事から摂る必要があります。



この9種類のアミノ酸は、必須アミノ酸と呼ばれています。



魚肉類や乳製品からのタンパク質の過剰摂取は、生活習慣病や骨粗鬆症に繋がってしまうので、注意が必要です。



動物性タンパク質は、摂りすぎると生活習慣病を招くので、必要量の内の30g前後を植物性で摂取するといいようです。



みじかな人に声をかけないでダウン候補を集める方法!




アムウェイのプロテイン、こだわりの秘密を明かす!

被害者ゼロ!成功の鍵を握るネットワークビジネスがここにある!

アムウェイが提供するプロティンは、100%植物由来の内容成分です。

アムウェイ プロティン.png







アムウェイは、プロティンに対するこだわりから、2012年8月24日から、オールプラント100%植物由来の内容成分にしました。



アムウェイのプロティンは、大豆、小麦、えんどう豆を独自に処方しており、9種類の必須アミノ酸スコアも理想の100をクリアしており、消化吸収率も最高値PDCAAS=1.0という成分に、バージョンアップしています。



プロティンというと、筋肉を作るとか、ダイエットの時に使うものと思っている人が多いようですが・・・



プロティンは、体にとって一番大切なもの


プロティンとは、「タンパク質」の英語名で、語源は、ギリシャ語のプロティオスに由来しており、『もっとも重要なもの』『一番たいせつなもの』という意味を持っています。



19世紀ころの研究で、生き物に糖分や油のみを与え続けると早く死亡してしまいますが、「タンパク質」を与えると、長生きすることが分かり、体のために一番大切な要素ということからプロティンという名前になったそうです。



人の内蔵で「タンパク質」を含まない器官はなく、筋肉、骨、皮膚、髪、爪などはすべて「タンパク質」でできています。



また、肌のハリや弾力に関係のあるコラーゲンやエラスチンも「タンパク質」の一種なんです。



特に、人の第一印象に関わる部分(目に見える部分)は、「タンパク質」からできているんですね。



コラーゲンもプロティンの一つ


ところで、骨は、カルシウムだと思っている人が多いのですが、実は、骨をつくっている成分にコラーゲンが関わっています。



このコラーゲンもなんと、「プロティン(タンパク質)」の一つなんですよ!



骨の中のコラーゲンは、毎日、消耗されているので、毎日の補給が必須となります。



コラーゲンが良質でなかったり、十分に補給されていないと、疲れやすくなったり、皮膚はガサガサ、髪はバサバサ、爪はボロボロというような状態に陥ったりします。



このことから、「タンパク質」は、健康と美容に欠かすことのできないとても大切な栄養素であることが分かります。



からだを構成するプロティンは、20種類のアミノ酸からできている


からだを構成する「タンパク質」は、20種類のアミノ酸からできていて、体内ですべて揃っていることが重要です。



でも、そのうちの9種類は、体内で作ることが出来ないため、食事から摂る必要があります。



この9種類を必須アミノ酸と呼んでいます。



一日に摂取するタンパク質の量は、12歳位からシルバー世代までの男性で一日60g、女性で50gが推奨されています。(厚生労働省「日本人の食事摂取基準」2015年版)



摂取量で注目したい点は、シルバー世代になっても成長期や働き盛りと同じ量のタンパク質が必要だということです。



なぜなら、「タンパク質」は、体内でアミノ酸に変化して、筋肉に蓄えられるのです。



年とともに運動量が減り、食が細くなって筋肉の量が減ると蓄えているアミノ酸の量も減ってくるので、その状態が続くとカラダが怪我や病気に対応できなくなるそうです。



アムウェイが、人の体にとって欠かすことのできない良質なたんぱく質を提供することにこだわっている理由が分かりますね。



みじかな人に声をかけないでダウン候補を集める方法!


アムウェイのファイトケミカル商品の発端は牛のエサだった!

被害者ゼロ!成功の鍵を握るネットワークビジネスがここにある!

アムウェイのニュートリライトは、主力商品であり、ファイトケミカルを中心とした栄養補助食品としての地位を確立しています。

アムウェイファイトケミカルス.png








アムウェイの創始者であるカール・レンボーグの類まれな観察力とたゆまない探究心がファイトケミカルに繋がる大きな力となりました。



牛のエサをヒントに、研究をスタートする


カール・レンボーグは、中国へ赴任中、アルファルファを食べていた牛たちがとても健康そうな姿を見て「牛に良いものは、人にも良いものでは?」という推測をしました。



そして、アルファルファを始めとした植物の持つ栄養素を加工する実験を始め、何度も試行錯誤を繰り返した結果、3つの植物を選び出しました。



それは、中国での経験から興味を持ったアルファルファとカルシウムを豊富に含むオランダガラシ(クレソン)、そしてミネラルの宝庫であるパセリです。



現在も、アムウェイのニュートリライト製品の原料として使われている、この3つの植物をベースに、彼はその中に含まれるすべての栄養素を抽出・濃縮する実験を寝る間も惜しんで続けました。



当時は、ビタミンの存在は分かっていたものの、その知識についてはまだまだ断片的であり、ボリフェノールやリコピンといった「※ファイトケミカルス」などについては、その存在すら分かっていなかった時代でした。



彼の実験は、当時の人々には全く理解されることはなく、本気で彼のことを変な人だと思って敬遠する人がいたほどでした。



でも、多くの無理解や研究への妨害に決してくじけることなく、ただただ、人々を健康にすることを思って製品の研究を続けたのです。



この時、まだ誰も気づいていませんでしたが、やがて彼の研究が従来の栄養学に革命をもたらし、アムウェイの基礎を確立することになるのです。



※ファイトケミカルスとは?


植物は色や香りで、自分自身を紫外線や外敵などから守ります。



その植物の色や香りのもととなる成分が、ファイトケミカルスです。



ビタミンやミネラルにも活性酸素吸収力のあるものがありますが、ファイトケミカルスはそれらと協力し、優れた活性酸素吸収力を発揮します。



植物が自分自身を守るために生み出した生き抜く力、それがアムウェイが大切にするファイトケミカルスです。



植物原料には、ビタミンやミネラルだけでなく、ポリフェノールやリコピンといった多様な有用成分が豊富に含まれています。



この植物が本来持っている優れた有用成分の事を「ファイトケミカルス」といいます。



カール・レンボーグの人々を健康にしたいという情熱とあきらめない心が、アムウェイというビッグビジネスを誕生させる原動力となったんですね。



みじかな人に声をかけないでダウン候補を集める方法!


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。