アムウェイのニュートリライトは、釘入りスープが始まりだ! - ネットワークビジネス成功法!サラリーマン向けインターネット副業術

アムウェイのニュートリライトは、釘入りスープが始まりだ!

被害者ゼロ!成功の鍵を握るネットワークビジネスがここにある!

アムウェイニュートリライトは、数多い商品ラインナップの中でも、主力商品であり、ビタミン・栄養補助食品として世界No.1の売上高を誇っています。

アムウェイ ニュートリライト.png






アムウェイニュートリライトには、80年を超える歴史があり、誕生までの道のりには、驚くべき秘話があります。



アムウェイの創立者カール・レンボーグは、食物の持つ力に気づいた


アムウェイの創立者であるカール・レンボーグは、のちに世界中の人々の健康を支える栄養補給食品であるニュートリライトを生み出すことになります。



彼の物語は、1920年代の初頭、ある乳製品メーカーの営業担当者として中国に赴任したところから始まりました。



文化が全く違う東洋の国へやって来た彼は、一刻も早く現地に馴染むために北京語の読み書きを独学で学び、生まれ持っての好奇心も手伝って、この国の哲学や薬学にも興味を持ち始めます。



当時の中国では、肉や白米を主食としていた富裕層の人たちは脚気などの病気にかかる人が多く、貧しさが故に野菜や玄米を食べていた農民たちには病気が少ないという現実がありました。



好奇心が強く、観察眼の鋭いカール・レンボーグは、すぐにこの違いに気づきました。



そして、「食べ物の中に人の体に必要な成分が十分に含まれていないと病気になる。だから食生活で足りないものを補うことができれば、問題は解決するはずだ!」と考えたのです。



ニュートリライトの原点はクギ入りのスープから始まった


しかし、1927年に蒋介石による中華革命が勃発、多くの外国人とともに収容所生活を余儀なくされた彼と彼の同僚たちは、食糧不足により栄養失調に陥りましたが、このことが自分の発想を実践する大きなきっかけとなります。



彼は、不足する栄養を補うために、木の葉や雑草、すりつぶした動物の骨、さらに錆びた鉄釘をゆでてスープやおかゆを作りました。



味としてはひどいものだったようですが、過酷な状況下にあるにも関わらず、彼の作ったスープを飲んだ人たちは体力を回復して行ったのです。



この成果から、カール・レンボーグは、自分の持った健康についての概念に自信を深めて行きました。



やがて貨物船に乗って何とか中国を脱出した彼は、中国で全財産を失った代わりに、生涯の理念を手に入れたのです。



1927年にアメリカに戻ったカール・レンボーグは、後にアムウェイの主力商品となるニュートリライトにつながる栄養素についての研究をスタートしたのです。



アムウェイの原点となるニュートリライトに至る道のりには、さまざまなエピソードを見出すことができますね。



みじかな人に声をかけないでダウン候補を集める方法!





ネットで稼ごうと思っても毎月安定収入にはならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんなあなたの悩みを解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。