ブラックシードの力はニューベラスのセミナーの動員力だ! - ネットワークビジネス成功法!サラリーマン向けインターネット副業術

ブラックシードの力はニューベラスのセミナーの動員力だ!

口コミなしで被害者ゼロ!インターネット集客するネットワークビジネス!


「ブラックシード」を用いたスーパーフードで、今世界的に注目されているニューベラスは、2014年の8月に日本に上陸を果たしました。

ニューベラスロゴ.png





このニューベラスは、インターネット上でも苦情や被害といった話しがほとんどみあたらない真面目なネットワークビジネス(MLM)会社のようです。



このネットワークビジネスを展開するニューベラスは、「ブラックシード」を配合したドリンクタイプのサプリメントとビジネスへの参加者が稼ぎやすい報酬プランを説明してくれるセミナーが話題になっているようですね!



そもそも「ブラックシード」ってなんなのでしょうか?


直訳すれば、黒い種ですよね・・・

ブラックシード2.png





この黒い色をした控えめな植物の種は、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)を殺菌し、化学兵器に毒された身体を癒すほどの力を持っていると聞きます。



さらに、糖尿病患者のすい臓内の死にかけのβ細胞の再生を促すほど非常にパワフルなもののようですが、それでいてこのスパイスの存在はあまり、知られていません。



「ブラックシード」とは、きれいな花の咲く一年生植物のニゲラ・サティヴァ(Nigella Sativa)の種子のことですが、はるか昔からその治癒の効力が賞賛されているようです。



英語圏では、ローマン・コリアンダー(Roman coriander)、ブラック・セサミ(black sesame)、ブラック・クミン (black cumin)、ブラック・キャラウェイ(black caraway)、そしてオニオン・シード(onion seed)などの様々な名前で呼ばれています。



でも、現在最もよく知られている名前は「ブラックシード」であり、これはその種の外観的な特徴を最も的確にとらえた名前と言えるではないでしょうか?



「ブラックシード」っていつごろからあるの?


この植物の栽培と使用の最も古い記録は、古代エジプトの時代にまで遡ります。

ツタンカーメンマスク.png






「ブラックシード」のオイルは、エジプトのツタンカーメン王の埋葬室でも発見されていて、これは約3,300年前という古さを誇ってると言われています。



アラビア文化圏では、Habbatul barakahとして知られているようですが、これは「祝福の種(seed of blessing)」という意味だそうです。



また、イスラム教の預言者モハメッドは、この種について「死以外のあらゆる病を癒す薬」であると話していたとされています。



ニューベラスの公式ホームページの説明でも、「死」以外の病気は治せるというアピールが評判になっているスーパーフードです。



でも、サプリメントは、既にネットワークビジネスの業界では、珍しくないはずなのに、なぜ今ニューベラスという会社のサプリメントが、こんなにも注目されているのでしょうか?



ニューベラスの会員さんたちは、スーパーフードの製品力に大きな自信を持たれているようですね。



この製品力の高さを武器に愛用者を増やしていく戦略が、ビジネスを前面に出したやり方と違ってネットワークビジネス感を抑えており、それで上手くいっているようです。



ここにも製品力を誇るネットワークビジネスが!



ネットで稼ごうと思っても毎月安定収入にはならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんなあなたの悩みを解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。