日記 - ネットワークビジネス成功法!サラリーマン向けインターネット副業術

マイナンバー制度導入でも会社にバレない副業のしかた

被害者ゼロ!成功の鍵を握るネットワークビジネスがここにある!

いよいよマイナンバー制度が施行されましたね!

my_number_card.png











早くも、この制度に絡む汚職事件が発覚したりと何かと話題に事欠きませんが、



サラリーマンとしては、マイナンバー制度の影響で「副業が会社にバレる可能性」が気になります。



これって実際のところ、どうなんでしょうか?



マイナンバーの影響で副業が会社にバレる?


10月5日に、とうとうこの制度が施行になりました。



実際の運用は、来年1月からなのですが、早くもいろいろな動きが出てきているようですね。



例えば、この制度がスタートしたとたんに詐欺事件も発生しました。



すでに、この詐欺の被害者も出ているようですから、これからは詐欺にも用心する必要があります。



さて、マイナンバー制度が始まるということで、サラリーマンの副業が会社にバレるなんて言ううわさが流れていますが、



本当のところ、バレるかどうかは、ケースバイケースと言うしかないという事です。



ただ、気をつけておくべきことがありますので、この注意すべきことについて考えてみましょう。



副業をしている人が気を付けるべきこと


まず、副業などの収入が、年間20万円を超える場合、確定申告が必要になります。



副業ということで、確定申告を全く意識していない人も多いようですが、税金の取り立てはそんなに甘くありません。



会社員の住民税は、通常、給料から天引きされるようになっていますので、給料以外の収入が増えると、



住民税の額が増えるため、このことから、会社にバレる可能性が生まれます。



これまでも、実際にバレることもあったようなのですが、本業と副業の照合の手間を考えてほとんど調査されていなかったのが実態のようです。



しかし、マイナンバー制度によって個人の収入の動きが行政側に分かる様になりますので、



調査が非常に簡単になり、一発でバレてしまう可能性が生じたのです。



「ひえ〜!この制度ってそんな仕組みだったの?」



ただ、すべての副業がNGかというと、そうでもありません。



株や投資信託や外貨取引などの資産運用は、特に副業とはみなされません。



ただ、オークションやアフィリエイトのように、明らかに事業をしていると分かるものや



継続的に収入を得ている場合などは副業をしているととみなされてしまう可能性が高いので、今後は要注意です。



副業がバレるのを回避する方法?


税金からバレないようにするために、給料以外の収入については、自分で納税する「普通徴収」を選択する方法があります。



もし、このような手続きが面倒であれば、法人をつくってしまうのもひとつの方法です。



法人は源泉徴収されませんので、勤め先とひも付けられる可能性はほとんどないといえるからです。



また、中には、様々な事情により、マイナンバーの提出を拒む社員も出てくるのではないかと考えられます。



昨今は、個人情報に過敏になっている人もいるため、これは、会社側の対策として考えなければならないことですね。



ただし、拒否した場合には、税務署から目をつけられる可能性は高くなると言われており、



結果としてマイナンバーの記載ができていない会社には、税務調査が入りやすくなると考えておく必要があるようです。

ソフトドリンク1.jpg






あまり、バタバタしないでも、しっかり対策さえしておけば、バレることにびくびくしないで済みます。



それより、肉体をすり減らして働いて会社で居眠りしていたり、時間や場所の制限がある副業では、バレると言う心配より、続けられるかどうかを心配した方がいいのでは?



私のお勧めしているネットワークビジネスは、完全に在宅でしかも、口コミを一切しないで集客ができます。



それは、インターネットという文明の利器を使うことで、寝ているときも、食事をしているときも、遊んでいるときも、集客ができるようになっているんです。



口コミの活動では、自分と同じような生活スタイルの人にしか、会う機会を作れませんが、



インターネットを利用した場合は、24時間、相手の生活スタイルに合わせた形でアプローチが出来るのです。



これなら、無理なく続けられると思いませんか?



あなたが、インターネット集客を学びたいなら、私がご紹介する無料メールセミナーがオススメです。


口コミ勧誘しなくても集客できるネットワークビジネス成功法!
↑↑↑今すぐ続きをクリックして確認 ↑↑↑



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。