財テクと資産運用の違い - ネットワークビジネス成功法!サラリーマン向けインターネット副業術

財テクと資産運用の違いは?その内情を調べたところ意外な事実が!

財テク資産運用という言葉を聞きますが、そもそも財テク資産運用って違うものなのでしょうか?

灯台と海.jpg 








自分も、その様な言葉を使ってはいるのですが、本当の意味をはっきり知っている訳ではありませんでした。



なので、改めて調べてみることにしました。



財テクとは?


財テクとは、「財務テクノロジー」の略です。



企業が本来の仕事以外に、余っているお金や、安い利子で集めた資金を株式や債券、土地などに分散して投資することで、バランス良く、また、効率良く運用することを言う様です。



また、企業だけでなく、個人が持っているお金の運用を行う場合にも、財テクという言葉が使われています。



資産運用とは?


資産運用とは、自分の持っている資産(お金など)を貯蓄や投資をして増やしていくことを言います。



実際に、資産を預ける運用会社によって、貯蓄型資産運用と投資型資産運用などの色々な資金運用のサービスが提供されている様です。



まず、貯蓄型資産運用とは、普通預金や定期預金などの貯蓄のことです。



貯蓄型資産運用は、銀行に預けることで、利子がついて資産(お金など)を増やすという方法です。



運用による利子の額は少ないのですが、元本(元手となるお金など)が保障されるんですね。



元本が保証されるのであれば、安心して投資することができますよね。



反対に、うまくいけば、戻ってくる額は大きいのですが、元本の保障がされないものを、投資型資産運用といいます。



投資型資産運用とは?


投資型資産運用には、企業の株を売買する株式投資や投資信託などがあります。



「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、資金運用の専門家が株式や債券などに投資して運用する商品のことを言います。



投資信託は、運用の成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品です。



「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づいて専門家が行います。



だから、投資する人は、具体的な運用方法を知らなくても大丈夫なんですね。



しかし、投資信託の運用の成果は市場の環境などによって影響され、変動します。



ですから、投資信託の購入後に、運用がうまくいって利益が得られることもあるんですが、



運用がうまくいかなかった時は、投資した額を下回って、損をするリスクもあるんです。



このように、投資信託の運用で生じた損益は、投資額に応じて、投資家の責任になるということです。



つまり、投資信託は、元本が保証されない金融商品なんです。



投資信託は、ハイリスクでハイリターンな投資ということになりますね。



この点は、銀行の預金などとは違うところですので、注意が必要なところですよ。



結論を言うと、自分の持っている資産(お金など)を運用して利益を得るという見方からすれば、財テクも資産運用に含まれると言うことができますね。



しかし、資産運用という言葉から感じられるのは、確実な運用で元本が減らない堅実な投資といったイメージです。



一方、財テクからは、少ない投資で大きく稼ごうという野心的なイメージを感じます。



さらに言うと、資産運用は、元本が大きければ、受け取る利子も大きなものになります。



お金があるところには、更にお金が集まるといった感じですね。



しかし、私のような普通のサラリーマンは、持っているお金が少ないので、どうしても小さな資金で大きく稼ぎたいという気持ちが働いてしまいます。



結果として、投機的な投資に手を出して、なけなしのお金まで失ってしまうのがオチなのです。



財テクより手堅く資産を増やせる!秘密のネットビジネス成功法とは?


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。