定年後のキャッシュフロー - ネットワークビジネス成功法!サラリーマン向けインターネット副業術

定年後に老後破産!キャッシュフローとは何かを知らないリスクの話し

定年後キャッシュフローってなに?

高尾山の紅葉.jpg 













定年後キャッシュフローとは、定年後のお金の流れのことを言います。


もっと簡単に言うと、何にどのくらいのお金が必要になるのかということです。



キャッシュフローとは、お金の入りと出を表します。



つまり、収入と支出のことなんですね。



若いうちは、バリバリ働けるので、遠い先の老後のことなんてあまり考えないし、考えようともしなかったと思います。


でも、定年を迎えて収入ががっくり下がる現実に直面すると、始めてお金の出入りのことがとても気になってきます。



あなたが、豊かな定年後の生活を楽しむ為に、蓄えと年金収入だけで足りるでしょうか?



調べによると、65歳以上の「おひとり高齢女子」の2人に1人、同じく65歳以上の「おひとり高齢男子」の3人に1人が、現役世代の半分以下の収入しかない『貧困』に陥っていると言います。



昨年、某テレビ局で、『老人漂流社会「老後破産」の現実』というスペシャル番組が放送されました。



この番組では、独り暮らしの高齢者が全国に600万人に迫る勢いで急増していることを伝えています。



また、その半数近く、およそ300万人の方々が生活保護水準以下の年金収入で暮らしているそうなのです。



その様な人たちの中には、出費を抑えるために、医療や介護といったサービスさえ切り詰めて暮らす人も少なくないとのことです。



そして、自分の貧しい暮らしを知られたくないと、周りに助けを求めずに孤立する高齢者も増えているんだそうです。



この孤立が原因で、支援の手が行き届きにくくなっている実態もあると言います。



いわば「老後破産」ともいえる厳しい現実を伝える放送でした。



定年後のキャッシュフローだなんて、何だか金融機関が使うような言葉で自分には縁がないと思っているあなた!



「老後破産」してもいいんですか?



では、「老後破産」のリスクを避けるために、どのような準備が必要なのでしょうか?



キャッシュフロー(お金の出入りの流れ)の視点から考えて見るとキャッシュ・イン・フロー(収入)とキャッシュ・アウト・フロー(支出)のバランスを工夫していくだけですから、実はいたって簡単なことなのです。



私の場合は、普通の会社員ですから給料としての収入を自分の力だけで増やすことは、難しいです。



かと言って、支出を抑えるために節約ばかりの生活も楽しくありませんよね。



そこで、仕事が休みの日に自宅でできる副業に目をつけたところ、インターネットで起業することに成功したのです。


老後破産を回避し、あなたの生活を豊かにする究極の裏ワザ!


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。