定年後の仕事 - ネットワークビジネス成功法!サラリーマン向けインターネット副業術

定年後の仕事は?継続雇用なら収入は驚きの3〜5割減!

あなたは、定年後仕事を続けるかどうか決めていますか?

NewImage65.png









「う〜ん、定年後仕事ね〜できたら、退職してゆっくり過ごしたいね。」



定年を迎えた時、あなたは、お金の不安もなく、生きがいを持った第二の人生をスタートする準備ができているでしょうか?



ほんとうに豊かな老後の生活を手に入れたいなら、早くから準備することが一番の方法です。



定年後の生活は決して楽ではない


サラリーマンは、いつか定年という大きな節目を迎えます。



おそらく多くの方が、定年後は悠々自適な生活ができると思っているのではないでしょうか?



私も、そう思っていました。



ですが、悠々自適に過ごせるというのは過去のことです。



そんな幻想は、早く捨てて現実を見つめることです。



国(総務省)の調査によると、60歳〜64歳男性の74%が、また、65歳〜70歳男性の約50%が何らかの形で働いています。



働く理由の一番は、「生活費を稼ぐため」です。



でも、定年後にはどんな仕事があり、いくら稼ぐことができるんだろうか?



これから定年を迎えるあなたは、そのような不安を感じていませんか?



定年以降も働く場合の3つの選択肢


定年以降も継続して働く場合の主な選択肢には、

@継続雇用で会社に残る

A仕事を探して転職する

B独立起業する

の3つが考えられます。



定年時の能力や人脈、家計の状況などで、どれを選ぶかは違ってくると思いますが、



どの選択肢を選ぶかで収入の額や働ける期間、そして、第二の人生に対する満足度が大きく変わってくるでしょう。


元サラリーマンで@とBの両方を経験したAさんは、「会社に残れば不安はないが不満が募る、



独立すると当初は不安だが、不満はないので、可能なら独立を勧めたい」といっています。



その時になれば、何とかなるだろうと考えて、定年の日まで60歳以降の人生について何も考えないのは得策ではありません。



定年後に8割の人が選ぶ継続雇用


企業は、従業員が希望する場合、65歳まで雇わなければならないことが法律で義務付けられました。



現在は、猶予期間中ですが、2014年時点で71%の企業が定年制の廃止、



定年年齢の引き上げ、継続雇用制度導入のいずれかで、社員が65歳まで働ける環境を整えています。



3つの選択肢の中で最も多いのが、継続雇用制度です。



60歳で一旦退職となり、改めて契約社員や嘱託として仕事を続けます。



給料は、定年時の5〜7割で、現役世代のサポート役になることが多いようです。



給料が減るとはいっても、かなりの収入を65歳まで期待できるのですから悪い選択ではありません。



でも、雇用延長を選んだ人の間に不満の声が多いのも事実です。



理由は、定年前と業務の内容がほとんど変わってないのに給料が減った。



私もそうでしたが、再雇用を選んだ人のほとんどが、給与面での不満を持ちます。



その他には、昔の部下の指示を受けなければならないのがしゃくだ。



仕事らしい仕事が与えられていないという声もあります。



要は、それまで、「長い期間をかけて培ってきたプライド」との戦いなのです。



単純に割り切ればいいという話でもありませんが、何となく雇用延長を選んでしまうと、このプライドとの戦いに苦しむことになってしまいます。



定年後に十分な老後資金と生きがいを持って生活する場所が確保できていれば、問題はありませんが、定年後の生活には、しっかりした心の準備も必要なのです。



私は、定年後の十分な老後資金を作るためにある選択をしました。



私の選んだ方法についてお教えします!



定年後に収入が激減!・・・そんな私が決断した驚きの選択肢とは?



定年後の仕事はパートタイムの方が有利!その驚きの理由

あなたは定年後仕事を続けたいですかそれとも、のんびりすごしたいですか?

高尾山の紅葉.jpg













定年後仕事を続ける場合、どのくらいの収入で、どんな生活をしたいかをよく考えておくことが大切です。



定年後も仕事を続ける場合の勤務形態として、フルタイムかパートタイムのどちらが良いかをよく考えるようにおすすめします。



なぜなら、ただ仕事だけに追われて残りの人生をつまらないものにしてしまわないためです。



再雇用で継続勤務をする場合は、1年ごとに契約を更新する契約社員や嘱託社員になるのが一般的です。



契約社員や嘱託社員の場合、フルタイムで働くのか、勤務時間の短いパートタイムで働くかの選択肢があります。



また、再就職をする場合でも、固定的にフルタイムで働くと決めずにパートタイムも選択肢に含めたほうが、転職先を見つけやすくなることも考えられます。



収入面から考えるとフルタイムのほうが有利と考えがちなのですが、定年後の収入は、仕事をしてもらう賃金だけでなく、厚生年金や雇用保険も合わせて考えることができます。



60歳以降もフルタイムで働いて厚生年金に加入する場合は、一定水準以上の収入があると年金が減額されます。



65歳までは、賃金と年金の合計額が月額で28万円を超えると、年金の支給がカットされますが、



パートタイム勤務や自営業なら、厚生年金に加入しないので年金は満額で支給されます。



また、減った収入をカバーする雇用保険の制度である「高年齢雇用継続基本給付金」は、



定年時点に比べて賃金が75%未満に下がると支給され、61%未満になると、新賃金の15%が支給されます。



定年後も仕事をする場合は、収入額を検討した上で、



あなたが、どのように過ごしたいかによって、フルタイムかパートタイム勤務かを選ぶことが賢い選択と言えます。



自分の体力面を考慮したり、今までより余暇を増やして趣味の時間を多く取りたいと思う人は、



フルタイムより、パートタイム勤務を選ぶのも良いのではないでしょうか?



残された自分の人生を豊かなものに出来るかどうかは、あなたの選びによって決まります。



あなたの残りの人生、ただ、収入だけを追って仕事漬けで終わりますか?



定年後に充実した時間が欲しい!そんな私が決断した驚きの選択肢とは?

定年後の仕事に驚きの選択!転職や再就職が有利って本当?

定年後仕事をする場合、継続雇用を受けるか、転職再就職と言う選択肢があります。

OhioFallPark.jpg













定年後仕事を決める場合、継続雇用や再雇用の制度を取り入れていない会社の場合や



本人が第二の人生なんだから、今までと違う他の仕事をしたいという希望を持っている場合、



転職再就職を考えるのも選択肢のひとつです。



また、再雇用制度があっても条件が合わないこともありますので、転職や再就職をしたほうが総合的に考えて有利になるケースもあります。



再雇用制度を取り入れている多くの企業は、年金支給が満額になる65歳になると退職をしなければなりませんが、



70歳になっても80歳になっても元気なうちは働きたいという希望を持っているのであれば、



定年後からか、あるいはその前に年齢制限がなく、何歳までも働ける職場にくら替えをしたほうがいいかも知れませんね。



60歳からの新たな仕事探しは決してやさしいものではありませんが、



長年培ってきた実務経験を生かせる職種や、契約社員、パートといった働き方を選べば、成功の可能性は大いにあると言えます。



定年後の転職・再就職先の5つの探し方


定年後の転職、再就職先の探し方としては次、のような方法があります。

1.知人に紹介してもらう
今まで培ってきた人脈をフル活用し、就職先を紹介してもらう方法です。



特に親しい人からの紹介は成功する確率が最も高くなります。



私の友だちは、この方法で就職して今は、会社役員にまで出世してバリバリ働いていますよ!



2.民間の人材紹介会社に登録し、紹介してもらう
この場合、今までの実務経験やスキルを強くアピールする事により、即戦力を必要としている企業に転職、再就職できる可能性が高くなります。



3.ハローワークなどの公的機関を利用する
最も一般的な求職方法です。



ハローワークでも少しずつですが、世の中の情勢に合わせて中高年や高年齢者の求人募集が増えているようです。



4.求人情報誌や新聞の求人欄やインターネットの求人サイトを利用する
中高年や高年齢者の求人は決して多いとは言えませんが、思いがけず自分にピッタリの職種に出会う可能性も十分あります。



5.人材派遣会社に登録する
やはり、まだまだ中高年や高年齢者の派遣先は少ないというのが現実ですが、



特定の分野のキャリア(資格、経験、知識など)を持っている場合は、定年後でも有利な条件で仕事を探す事ができます。



定年後に働く場所がない・・・そんな私が起業できた驚きのノウハウ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。