年金での生活 - ネットワークビジネス成功法!サラリーマン向けインターネット副業術

年金生活中に夫に先立たれた!遺族年金受給のしくみを探る

年金生活中に夫に先立たれたとしたら、残された奥さんは、遺族年金ってもらえるのでしょうか?

NewImage65.png









年金生活中に夫が亡くなった場合、残された奥さんには、遺族年金が支給されます。



日本人の平均寿命は、男性が80.50歳、女性が86.83歳で男性より長生きする可能性が高い女性は夫の死後、自分の生活をどうしていくのかを考えておくことが老後の安心につながります。



遺族年金の種類と受給方法


夫に先立たれた場合の遺族年金には、遺族基礎年金、遺族厚生年金、遺族共済保険、遺族基礎年金がありますが、



これらの遺族年金は、亡くなった夫が国民年金や厚生年金の加入者で、18歳までの子どもがいる妻に支給されます。



サラリーマンの世帯で夫が亡くなると、18歳までの子どもがいる妻は、遺族基礎年金+夫の老齢厚生年金の4分の3を遺族厚生年金としてもらえます。



18歳までの子供どもがいない場合は、もらえるのは遺族厚生年金だけですが、夫の厚生年金加入期間が20年以上で、子どもがいなくて夫の死亡時に妻の年齢が40歳〜64歳であったり、



18歳以上の子供を持つ40歳以上の妻には、年間59万円の中高齢寡婦加算が65歳になるまで上乗せしてもらえます。



しかし、妻が遺族年金をもらえるのは、生活費の内訳が夫の収入が主だった場合に限られます。



実際には以下の3つの中から選ぶことになります。


@自分の老齢基礎年金+自分の老齢厚生年金

A自分の老齢基礎年金+遺族厚生年金

B自分の老齢基礎年金+自分の老齢厚生年金の1/2+遺族厚生年金の1/3



この中から、いちばん金額が多くもらえるものを選べば良いことになります。



企業年金もあります


また、夫が勤めていた会社が、厚生年金基金に加入していた場合、企業年金が支給されます。



しかし、その存在を知らなかったり、受給の手続きをしていなくて、受け取れるはずのお金を受け取っていないという人が結構いるようです。



これは、企業年金の制度がある会社に1ヶ月でも勤務していれば、誰でももらえる年金なんです。



仮に、今は自営業をしていたとしても、若いときに少しでも勤めた経験のある方は、一度確認することをお勧めします。



確認のためには、まず会社からもらう厚生年金基金加入員証があるかどうかを調べる必要があります。



無くしてしまった場合は、勤めた会社か、企業年金連合会に連絡をとって確認をすることができます。



たとえ少額でも、受け取れるなら、年金生活の足しにすることができます。



年金生活者にとって公的年金を賢く受け取ることは大切なことですが、年金生活だけでは、豊かな老後を送ることは、むつかしいのです。



あなたは、不足するお金をどのように補いますか?



私は、不足するお金を補うためにある選択をしました。



私の選んだ方法をお教えします!



年金だけでは生活費が足りない!そんな私が決断した驚きの選択肢とは?



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。